俺ならこう撮る

映画監督・プロデューサー越坂康史の「もしも」の偏愛的映画感想と日常。
<< 訃報、福嶋カメラマン | main | 「誰も守ってくれない」このくらいの嘘のつき方が今どきの見本かしら >>
「20世紀少年 第2章 最後の希望」1より遥かに映画らしい
いまだ1月公開作品書いてます。

映画のダイナミズムを感じ得なかった1だったのですが、2はシリーズとしてはあんまりそういうシーンがないパートだと聞いていました。むしろそこをどう扱うかでこの作品のクルーたちの力量が問われるような気もします。
で、遥かに映画らしいじゃないですか。むしろ1が突貫だったのでしょうか、あるいはシリーズを見越して予算の出し渋りだったのでしょうか。
ストーリー的に平愛梨さんと豊川悦司さんあたりに集中しているので、それが見やすかったのかも知れません。

とはいえ、「俺なら」。ある意味地下活動の話なので、もう少しスパイドラマのドキドキがあったらいいなぁとは思いました。ともだちランド(あれはそばなのかしら)の地下にある秘密の隠れ家のような場所が最初は秘密っぽく登場するのに、途中から常盤さんが平然と日常的にいたりする感じなど、どうなのかしらと思ってしまいます。ある種観客に描いていない所は折り込み済みなたいに頼る演出になっていて、それはある程度仕方ないのかなと思いつつも、どちらかというと描かなくてもイメージがさらに膨らむ仕掛けがないものかと思ってしまうわけです。あそこで常盤さんが変装しているとか、前後を語らずともできるリアリティを醸成しておいて欲しいのです。

しかし、21世紀の映画ですからライトに楽しめばいいのでしょう。その見やすさはヒットの要因でもあるでしょうし、そういうプランで作られているということでいいのかも知れません。

【2009.04.20 Monday 23:10】 author : koshiy2010 | 日本映画2009 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
コメントする





 


この記事のトラックバックURL
http://koshiy.openeyes.jp/trackback/946575
トラックバック
CALENDAR
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>




RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
学校に原発ができる日 [DVD]
学校に原発ができる日 [DVD] (JUGEMレビュー »)

3.11以降の日本を描いた風刺映画。
RECOMMEND
俳優になりたい君たちへ PART2 [DVD]
俳優になりたい君たちへ PART2 [DVD] (JUGEMレビュー »)

新人俳優向けのハウツー、なぜこれがなかったのか? 目から鱗必至ですよ。
RECOMMEND
俳優になりたい君たちへ PART1 [DVD]
俳優になりたい君たちへ PART1 [DVD] (JUGEMレビュー »)

新人俳優向けのハウツー、なぜこれがなかったのか? 目から鱗必至ですよ。
RECOMMEND
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SEARCH
PAGETOP