俺ならこう撮る

映画監督・プロデューサー越坂康史の「もしも」の偏愛的映画感想と日常。
<< すき家渋谷西閉店 | main | 「WALL・E ウォーリー」もいいが同時上映の短編もすごくない? >>
「K-20(TWENTY) 怪人二十面相・伝」もしもの歴史も結果は同じ
まだ昨年シリーズ。

オープニングで第2次大戦がうまく回避された歴史が紹介されるわけですが、格差社会になっている結果は同じ、と皮肉さがまず目をひきます。

ただそういう毒素はその後は皆無で、まぁ、誰しもが楽しめるエンタテイメントという映画。
見どころは、やはり一直線に金城さんが走るシーンでしょう。一直線というアイデアひとつでオリジナリティ溢れるイメージが創出されることにうまさを感じます。また、町を見せるいい機会になっており、狭いセットで作られた寓話という感触をなくしてくれます。

「俺なら」としては、タイトルがなぁ、せめて「伝」はいるのかなぁ。つけるなら20年後に語れるようなダメ映画の要素を内包して欲しくもあるけど、それは見方としては邪道か。また江戸川乱歩への配慮の意図もあるんでしょうね。

いずれにせよ完成度は高し、佐藤嗣麻子監督が久々に手腕を振るった作品でした。
この作品のように、現実の格差社会にも夢が欲しいですね。

【2009.03.04 Wednesday 22:13】 author : koshiy2010 | 日本映画2008 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
コメントする





 


この記事のトラックバックURL
http://koshiy.openeyes.jp/trackback/933039
トラックバック
CALENDAR
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>




RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
学校に原発ができる日 [DVD]
学校に原発ができる日 [DVD] (JUGEMレビュー »)

3.11以降の日本を描いた風刺映画。
RECOMMEND
俳優になりたい君たちへ PART2 [DVD]
俳優になりたい君たちへ PART2 [DVD] (JUGEMレビュー »)

新人俳優向けのハウツー、なぜこれがなかったのか? 目から鱗必至ですよ。
RECOMMEND
俳優になりたい君たちへ PART1 [DVD]
俳優になりたい君たちへ PART1 [DVD] (JUGEMレビュー »)

新人俳優向けのハウツー、なぜこれがなかったのか? 目から鱗必至ですよ。
RECOMMEND
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SEARCH
PAGETOP