俺ならこう撮る

映画監督・プロデューサー越坂康史の「もしも」の偏愛的映画感想と日常。
<< 「レッドクリフPart1」「七人の侍」の決戦前の試写を見せられた気持ちもありつつ | main | すき家渋谷西閉店 >>
「ハッピーフライト」これはホームドラマの進化系
いまだ昨年公開作書いてます。

よくできた映画でした。製作がアルタミラなので飛行場の内側モノテイストは間違えないんだろうなと。でも、それ以上が見られないと観客(というか私)の満足度は高くならない。同世代で楽しい娯楽作をつくっている矢口監督への期待感もあるわけです。
観賞後、直感的に思ったのは、これはホームドラマの進化系で、昭和40年代くらいまでつくられていた松竹の「喜劇○○○」みたいな作品の、家庭を飛行場に、家族をそこに働くクルーたちにシフトさせた作劇法ではないかと思いました。
不動産では「コンバージョン」とかいう言葉があるようですが、そういう再生法を映画でできることがわかって、それが何よりも面白かったです。

以前、ヘリコプターからめて撮影をしたことがあるんですけど、当日の風の向きでヘリの発着の方向が変わるんですよ。その発着の瞬間でヘリのアップを撮って、地上のクルマとカットバックさせて追跡シーンみたいなことをやろうとしていたので、方向性が変わるとクルマと同じ方向でヘリが飛んでいるという設定が絵で説明できなくなるんです。そんな経験を思い出してしまいます。

「俺なら」は、最初だけ航空パニック映画のようにもっと遊べばいいのにと思いました。
でも楽しい映画でした。
【2009.02.14 Saturday 18:43】 author : koshiy2010 | 日本映画2008 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
どもです。

去年ANAで、この映画の「ハワイ行きビジネスクラスの客」のエキストラのオファーがあったんですよ。

直前に腰を痛めて泣く泣くキャンセルいたしましたが、出たかったなぁ・・・。

ではまた。
【2009/02/15 7:15 PM】 集 |
コメントありがとうございます。
ビジネスクラスの客というのがそそりますねぇ。
【2009/02/23 4:09 PM】 越坂 |
コメントする





 


この記事のトラックバックURL
http://koshiy.openeyes.jp/trackback/927496
トラックバック
CALENDAR
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>




RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
学校に原発ができる日 [DVD]
学校に原発ができる日 [DVD] (JUGEMレビュー »)

3.11以降の日本を描いた風刺映画。
RECOMMEND
俳優になりたい君たちへ PART2 [DVD]
俳優になりたい君たちへ PART2 [DVD] (JUGEMレビュー »)

新人俳優向けのハウツー、なぜこれがなかったのか? 目から鱗必至ですよ。
RECOMMEND
俳優になりたい君たちへ PART1 [DVD]
俳優になりたい君たちへ PART1 [DVD] (JUGEMレビュー »)

新人俳優向けのハウツー、なぜこれがなかったのか? 目から鱗必至ですよ。
RECOMMEND
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SEARCH
PAGETOP