俺ならこう撮る

映画監督・プロデューサー越坂康史の「もしも」の偏愛的映画感想と日常。
<< 「ぐるりのこと。」あの10年を思い起こさせるすごいいい映画、木村多江も見放題 | main | 「蛇にピアス」過度の期待は禁物、でも吉高さんでよかった >>
「窓辺のほんきーとんく」80年代のにっかつ好きにはたまりません
相変わらずな世界を邁進する堀井監督の本格的な劇場2作目です。やはり堀井監督が影響を受けているであろう80年代のにっかつ(←ひらがなのね)あたりのダメ人生を描くトーンは健在。6帖の畳部屋に吉沢明歩さんがいるだけの絵でぐっときます。

エロ描写については正直「蛇にピアス」よりえっちくない。babyまでやるのはないけど、「ラストコーション」くらいは見たかったという意見もあるでしょう。でも一般映画にしないと劇場かけられないとかあるからしょうがない。というのと吉沢明歩さんをそこまでエロく扱わないのも映画としての姿勢としてはありだと思うのでOKとしましょう。

ただ、ひとことだけいわせていただきたい。
自主映画裏側モノをつくっている「俺なら」としては、映画って見せるところまで描く、というのは自主映画出身監督としては痛烈に意識したいと思うんです。「1980」だって「マジックアワー」だって、未完全なものかも知れなくてもスクリーンに映し出される映画の姿を見せていますしね。拙作「スプリング★デイズ」も携帯転送ですけど見せるのがクライマックスになっています。
それがないのが何だか淋しい気がして仕方ありませんでした。

とはいえ、社会の狭間に生きる何も持てない若者にちょっとだけ清涼剤を注ぎ込むような映画なので、ほんとは80年代のにっかつを知らない世代に見て欲しいと思います。
【2008.10.04 Saturday 16:12】 author : koshiy2010 | 日本映画2008 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
コメントする





 


この記事のトラックバックURL
http://koshiy.openeyes.jp/trackback/880320
トラックバック
CALENDAR
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>




RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
学校に原発ができる日 [DVD]
学校に原発ができる日 [DVD] (JUGEMレビュー »)

3.11以降の日本を描いた風刺映画。
RECOMMEND
俳優になりたい君たちへ PART2 [DVD]
俳優になりたい君たちへ PART2 [DVD] (JUGEMレビュー »)

新人俳優向けのハウツー、なぜこれがなかったのか? 目から鱗必至ですよ。
RECOMMEND
俳優になりたい君たちへ PART1 [DVD]
俳優になりたい君たちへ PART1 [DVD] (JUGEMレビュー »)

新人俳優向けのハウツー、なぜこれがなかったのか? 目から鱗必至ですよ。
RECOMMEND
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SEARCH
PAGETOP