俺ならこう撮る

映画監督・プロデューサー越坂康史の「もしも」の偏愛的映画感想と日常。
<< 「スカイ・クロラ」現在に生まれるべくして生まれた映画 | main | 「20世紀少年」ダイナミズムを放棄し、映画の終わりがはじまる >>
「ダークナイト」バランスのよさにびっくり
「バットマンビギニング」が亜流風に思えて未見だったのですが、今度は強気にバットマンの冠をつけずにきた。これは自信があるんだと見たら暗さとエンターテイメントのバランスにびっくり。聞けば「ビギニング」もそういう指向性だったと。新シリーズを亜流なんて思ってごめんなさいという感じ。ハンズ・ジマーの音楽もさすが。

今日実は「20世紀少年」を見てきて、その場で起っているリアル感というのが薄いのに愕然。トーンや規模とかは別なんですけど「ダークナイト」との間にある溝は大きく、どういう工夫をすれば近づけるのかが研究したいところです。

「俺なら」としては、バットマン自体のキャラが性格的に後ろ向きなのは前提としても、若干エンディング部での自己犠牲精神がスムースでない印象はありました(要伏線ですね)。ま、かっこいいからいいけど。

2時間半見せきります。さすがです。
【2008.09.12 Friday 23:52】 author : koshiy2010 | 外国映画2008 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
コメントする





 


この記事のトラックバックURL
http://koshiy.openeyes.jp/trackback/872207
トラックバック
CALENDAR
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>




RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
学校に原発ができる日 [DVD]
学校に原発ができる日 [DVD] (JUGEMレビュー »)

3.11以降の日本を描いた風刺映画。
RECOMMEND
俳優になりたい君たちへ PART2 [DVD]
俳優になりたい君たちへ PART2 [DVD] (JUGEMレビュー »)

新人俳優向けのハウツー、なぜこれがなかったのか? 目から鱗必至ですよ。
RECOMMEND
俳優になりたい君たちへ PART1 [DVD]
俳優になりたい君たちへ PART1 [DVD] (JUGEMレビュー »)

新人俳優向けのハウツー、なぜこれがなかったのか? 目から鱗必至ですよ。
RECOMMEND
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SEARCH
PAGETOP