俺ならこう撮る

映画監督・プロデューサー越坂康史の「もしも」の偏愛的映画感想と日常。
<< 「告発のとき」父の立場から見るとつらいわ | main | 「ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!」すごい! >>
「奇跡のシンフォニー」むしろR・ウィリアムスに共感
なんともなく優等生なつくりに、私的にはロビン・ウィリアムスに共感してしまいます。ここがあるから魅力的に思えるのですが、ロビン・ウィリアムスがステレオタイプな悪役ではなく、彼も自分のできる範囲でフレディ・ハイモアを育てようとしているんですよね。

「俺なら」としては、怪しい人物として登場のロビン・ウィリアムスは、もっといい人として登場してもよいのでは?と思いました。

最近劇場未公開で「ネイキッド」というDVDを見て、唸ってしまったのが、転勤してきた警察官がはじめてその町の人に触れた時に、誰が悪役なのかよくわからない、わざと混乱させるような描写を入れている点でした。その映画自体は裸の女性をハンティングするようなB級バリバリの設定なんですけど、こういうのに出会うので舐められません。

そんなことで、ややロビン・ウィリアムスの魔の手から逃げて、少年が自分のやりたい世界へというイメージが気持ち鼻につくかなぁと。実際はロビン・ウィリアムスみたいなプロデューサーと仲良くなりたくはないと思いつつも、たぶんもやもやとそんな気にさせてくれるのはこの俳優の力なんでしょう。
【2008.08.04 Monday 20:52】 author : koshiy2010 | 外国映画2008 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
コメントする





 


この記事のトラックバックURL
http://koshiy.openeyes.jp/trackback/856115
トラックバック
CALENDAR
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>




RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
学校に原発ができる日 [DVD]
学校に原発ができる日 [DVD] (JUGEMレビュー »)

3.11以降の日本を描いた風刺映画。
RECOMMEND
俳優になりたい君たちへ PART2 [DVD]
俳優になりたい君たちへ PART2 [DVD] (JUGEMレビュー »)

新人俳優向けのハウツー、なぜこれがなかったのか? 目から鱗必至ですよ。
RECOMMEND
俳優になりたい君たちへ PART1 [DVD]
俳優になりたい君たちへ PART1 [DVD] (JUGEMレビュー »)

新人俳優向けのハウツー、なぜこれがなかったのか? 目から鱗必至ですよ。
RECOMMEND
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SEARCH
PAGETOP