俺ならこう撮る

映画監督・プロデューサー越坂康史の「もしも」の偏愛的映画感想と日常。
<< お気に入りリンク | main | 「REC レック」ちょっとツンとした美人レポーターをボロボロにしたいかも >>
「ラスベガスをぶっつぶせ」ホントにノンフィクション?
おー、やべ。終わりそう。
あまりにもハリウッド映画的な展開に「ホントにノンフィクション?」というのが正直な所。ラストなんて特にね。
主演のジム・スタージェスがわりと美形で、冴えないロボコン3人組の中に入っているのには違和感がありますけど、まぁそれは映画なのでいいか。この3人組の日常が青春映画な感じで好印象。総じて楽しめる作品になっています。

「俺なら」としては、できればケイト・ボスワースの感情をフィチャーする描写が欲しい気がしました。地下鉄で一端はキスを拒んだわけですが、どこの時点でジムに心惹かれたのか知りたい。もちろんジムの視点から映画のストーリーが進んでいる面もあり、ここを描かないのも手法のひとつ。ただロボコン3人組に比べてカジノ組メンバーが個性的にも関わらず印象に残らないのは、対ジムとのコミュニケーション描写が深くないからですよね。せめて、ヒロイン役には代表して接点を丁寧に描いて、その魅力を前面に押し出して欲しい思いが残ります。

学生は競馬もダメという日本の感覚では、なんだか未知の体験を見せられている気もしますが、こういう気軽に楽しめる映画もたまにはいいと思います。
【2008.07.07 Monday 23:04】 author : koshiy2010 | 外国映画2008 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
コメントする





 


この記事のトラックバックURL
http://koshiy.openeyes.jp/trackback/845397
トラックバック
CALENDAR
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>




RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
学校に原発ができる日 [DVD]
学校に原発ができる日 [DVD] (JUGEMレビュー »)

3.11以降の日本を描いた風刺映画。
RECOMMEND
俳優になりたい君たちへ PART2 [DVD]
俳優になりたい君たちへ PART2 [DVD] (JUGEMレビュー »)

新人俳優向けのハウツー、なぜこれがなかったのか? 目から鱗必至ですよ。
RECOMMEND
俳優になりたい君たちへ PART1 [DVD]
俳優になりたい君たちへ PART1 [DVD] (JUGEMレビュー »)

新人俳優向けのハウツー、なぜこれがなかったのか? 目から鱗必至ですよ。
RECOMMEND
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SEARCH
PAGETOP