俺ならこう撮る

映画監督・プロデューサー越坂康史の「もしも」の偏愛的映画感想と日常。
<< 「アタックNo.1」久しぶりのTVドラマ全話視聴 | main | 「恋空」何を見て感動すればいいんだろう >>
「ALWAYS 続・三丁目の夕日」ここまでいい話だとかえって気持ち悪い
前作を見て2作目を待望した一人でしたが、今作にはやや失望。
理由は二つで、芥川賞まわりで話を絞ったために、前作で持っていたエネルギッシュな人々の生きざまみたいなのがうまく出なかったのと1作目であったこれでもかという空間演出がなされていなかったということに尽きるのではないかと思います。

VFX的にはやっていることは高度になっているような気もします。ただ、完成した東京タワーのようにストーリーもキャラクターもきれいになりすぎ。すべて前作の80%くらいの守りに入ったつくりに心の底から楽しむことができませんでした。つまり連続ドラマの最終回を見ているようにすべてが美しく消化されているんです。

時代が進化していくということはそこに犠牲になるものがあって、前作ではピエール瀧さんが演じる氷屋が電気冷蔵庫の登場で仕事が減っていく姿などが描かれ、深い印象を残していました。こういうディティールの積み重ねが味わいなんですが、そのピエール瀧さんさえもアイス屋になって復活しているし、もうみんなあの頃はよかった状態。ここまでやられるとかえって気持ち悪くなります。

芥川賞以外のエピソードももちろんあるんですが、最終的に芥川賞に流れ込んでしまって、印象に残らない。前作の各エピソードのバランスのよさから比べると苦しい。せめて最後の砦で小日向文世さんがもう少し悪役だったらとか、堀北さんのBF浅利くんがワルのままだったりすると少しは自分的には救われるんですけど。

「俺なら」としてはまず、最後夕日で締めるんなら最初も紙飛行機ではじめればいいのにと思いました。
【2007.11.13 Tuesday 23:59】 author : koshiy2010 | 日本映画2007 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
コメントする





 


この記事のトラックバックURL
http://koshiy.openeyes.jp/trackback/708426
トラックバック
CALENDAR
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>




RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
学校に原発ができる日 [DVD]
学校に原発ができる日 [DVD] (JUGEMレビュー »)

3.11以降の日本を描いた風刺映画。
RECOMMEND
俳優になりたい君たちへ PART2 [DVD]
俳優になりたい君たちへ PART2 [DVD] (JUGEMレビュー »)

新人俳優向けのハウツー、なぜこれがなかったのか? 目から鱗必至ですよ。
RECOMMEND
俳優になりたい君たちへ PART1 [DVD]
俳優になりたい君たちへ PART1 [DVD] (JUGEMレビュー »)

新人俳優向けのハウツー、なぜこれがなかったのか? 目から鱗必至ですよ。
RECOMMEND
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SEARCH
PAGETOP