俺ならこう撮る

映画監督・プロデューサー越坂康史の「もしも」の偏愛的映画感想と日常。
<< 「キング・コング」 | main | 「Mr.&Mrs.スミス」 >>
「男たちの大和/YAMATO」
キライじゃないときめきどっちかというと好きかもラブ
今までの日本の戦争映画、特に大和を中心にした大作は、どちらかというと名もない民衆を主人公に置かないことが多いイメージがあります悲しいそれは、大和自体が強いキャラクター性をもっているからでしょう。
この作品はその中においては、割と民衆視点に立っているので共感がもてましたし、何よりも大和の重量感、戦闘シーンの迫力はなかなかのものでした。(セカンドユニットがんばってます拍手
ただ、テーマ的には過去の精算の話なので、そこが今を語れずつらいのです。
私自身は「ムルデカ」や「氷雪の門」あたりの秘話もの系が好きなので、そんなものを期待していましたが、そこまでのものはエピソードとしてありませんでしたしょんぼり
そんなことを考えながら「俺ならこう撮る」となると、現在と過去が交わる物語の骨子はまず、いいとして、戦局説明のあの地図とかいるのかなと。あれが出てくるといきなりお勉強になっちゃうんですよ。
それより、前半は国内の戦争一辺倒になっていく社会風俗を写しとって、命を捨てて戦いたくなる気分を醸成する方が必要と思います銃
中盤は今のような感じでOKですが、ストーリー的にいうと実質主人公の松山ケンイチさんと中村獅童さん、反町隆史さんのあにおとうと男的エピソードがもう少し欲しい気がします。
沈没後のアメリカ軍の機銃掃射はカットせずに残したい。
エンディングは戦後のその後をもう少し丁寧にして、死んでも生き残っても過酷ポロリという不条理さをもっと出したいです。
その上で、鈴木京香さんの行動に繋げると効いてくるし、長渕剛さんの曲がくると悲しいそれでも生きるという今のテーマに繋げられると思うのですグッド
こんなに改訂ポイントを入れながらも、好きかもラブといえるのは、蒼井優さんの屈託のない笑顔ももちろんありますが、明日香丸の15才、池松クンをラストシーン近くでアップにして語らないメッセージを入れているあたりの素晴らしさだと思います桜
【2005.12.20 Tuesday 23:06】 author : koshiy2010 | 日本映画2005 | comments(1) | trackbacks(1) | - | - |
コメント
管理者の承認待ちコメントです。
【2007/04/14 4:08 AM】 - |
コメントする





 


この記事のトラックバックURL
http://koshiy.openeyes.jp/trackback/47011
トラックバック
男たちの大和 YAMATO
戦後昭和との決別を果たす 渾身のジャパンムービーは、 大和の国の男たちの強い想いを描く
【2005/12/21 5:42 AM】 エンタメ!ブレイク? |
CALENDAR
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>




RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
学校に原発ができる日 [DVD]
学校に原発ができる日 [DVD] (JUGEMレビュー »)

3.11以降の日本を描いた風刺映画。
RECOMMEND
俳優になりたい君たちへ PART2 [DVD]
俳優になりたい君たちへ PART2 [DVD] (JUGEMレビュー »)

新人俳優向けのハウツー、なぜこれがなかったのか? 目から鱗必至ですよ。
RECOMMEND
俳優になりたい君たちへ PART1 [DVD]
俳優になりたい君たちへ PART1 [DVD] (JUGEMレビュー »)

新人俳優向けのハウツー、なぜこれがなかったのか? 目から鱗必至ですよ。
RECOMMEND
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SEARCH
PAGETOP