俺ならこう撮る

映画監督・プロデューサー越坂康史の「もしも」の偏愛的映画感想と日常。
<< 「アナと雪の女王」あえて問題点を指摘してみた | main | 「恋のプロトタイプ」日本版「her」はカジュアルな恋を綴る秀作 >>
「渇き。」「私の男」娘をファムファタールに設定する衝撃性
忙しいけど、これだけは書かせて、レンダリング中だし。

これが娘でなければ、それほど衝撃的な作品ではありません。
男にとって女ってわからないという図式でつくられたこれまでの様々な作品の「女」の部分を「娘」に置き換えるだけでこれだけ新味が出るのだからなかなかなものです。そして、それが大型ショッピングセンター併設のシネコンでかかっていることも。
「女」以上に「娘」の考えていることがわからないという時代を象徴しているのでしょうか。
しかしながら、近親相姦というのは意外にも単館系映画ではなかなかの定番アイテムですし、もちろんR18系作品でも。ただ最近やられていなかったから衝撃度があるというだけのような気もします。

2作とも、ヤバい映画売りはされていて、まず「渇き。」は某大作映画を降りた監督の怒りのようなものが感じられて、パワフルで面白いんです。が、なんで裸ないの? ドラッグ描写ですでに地上波放映も諦めるくらいの勢いでつくっているのに、そこだけは制限している感じがして、まぁ、ちょっとふがいなく思ってしまいました。別に小松菜奈さんが脱ぐ必要はないけど、黒沢あすかさんはもっとがっりやってもという気がしてしまいます。
一方「私の男」は、そこはなかなかやっているんですけども、こちらはストーリー的に二つ不満があって、浅野忠信さんと二階堂ふみさんが本当の親子かどうかははっきりさせずに進んでく。ここは倫理上の対策かとがまんしても、浅野さんと二階堂さんがどういう過程でそういう関係になったかはわからせなくていいのかしら。時間が飛んで結婚前になる所でも省略の美学がきつすぎて想像がおいつかないのです。というより、そこは観客が見たいところでしょ、と思うのです。ミステリーっぽく見せたいのはわかるんですが、うーん、アートが勝っちゃって。嫌いじゃないんだけどね。
そのへんは実は「渇き。」では回想的に小松菜奈さんの周辺がこれでもかと描き込まれているので想像がつくんです。

ということで、2作見て、足りない所を勝手に脳内編集して補完すれば2作とも満足できます。きっと。
 
【2014.08.02 Saturday 13:57】 author : koshiy2010 | 日本映画2014 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
コメントする





 


この記事のトラックバックURL
http://koshiy.openeyes.jp/trackback/1047598
トラックバック
CALENDAR
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>




RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
学校に原発ができる日 [DVD]
学校に原発ができる日 [DVD] (JUGEMレビュー »)

3.11以降の日本を描いた風刺映画。
RECOMMEND
俳優になりたい君たちへ PART2 [DVD]
俳優になりたい君たちへ PART2 [DVD] (JUGEMレビュー »)

新人俳優向けのハウツー、なぜこれがなかったのか? 目から鱗必至ですよ。
RECOMMEND
俳優になりたい君たちへ PART1 [DVD]
俳優になりたい君たちへ PART1 [DVD] (JUGEMレビュー »)

新人俳優向けのハウツー、なぜこれがなかったのか? 目から鱗必至ですよ。
RECOMMEND
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SEARCH
PAGETOP